クロストークセッション「公共的空間の未来」The Future of Public Space

2018年10月29日(月)

今、公共的空間の活用が大きな関心時になっています。南池袋公園などの 純粋な公共空間だけでなく、横浜スタジアムと横浜公園など、官民が一体と なって公益をもたらそうとする事例も出てきています。このような場を「公 共的空間」と仮に呼ぶことにします。

今年出版された「PUBLIC PRODUCE」 は、注目を集めている事例について、どのような人、仕組み、プロセスで 「公共的空間」が創造され、また運営されているのかについて迫りました。 この本の出版を景気に、若手の建築家、シビルエンジニア、プランナーが その職能領域を超えて、公共的空間の未来について語ります

日程
2018年10月29日(月)19時〜21時30分
出演
西田司(オンデザイン)
中村真広(ツクルバ)
山道拓人(ツバメアーキテクツ)
大藪善久(日建設計シビル)
園田聡(ハートビートプラン)
モデレーター:高鍋剛(JSURP)
(敬称略)
料金
一般 1,500円
定員
90名
申し込みページ
http://ptix.at/IZlkyy
主催
認定NPO日本都市計画家協会・オンデザインパートナーズ
協力
City Lab TOKYO
会場
City Lab TOKYO
東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン6F 京橋環境ステーション内
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク