研究会「近代東京名所研究の課題~史資料に表現された江戸東京」

このイベントは終了しています

2018年11月15日(木)

徳川の「江戸」から天皇の「東京」へ。江戸の名所は東京の名所に引き継がれたのか、断絶したのか、それとも新しく生み出されたのか。なぜ人びとは名所を欲するのか。都市の変容と名所記述の特徴を、明治・大正・昭和に作製・出版された様々な地図・名所図会・観光ガイドブックなどの史資料、そして近代東京を代表する随筆家・洋画家・版画家である木村荘八によって表現された東京をもとに検討し、近代東京名所研究の新たな課題を考える材料とする。

日程
2018年11月15日(木)17時~20時
出演
論題・報告者
「近代東京の名所~地図・名所図絵・観光ガイドブックから」
米家志乃布(法政大学教授)

「木村荘八が描いた東京名所~居住者と散歩者の視点」
横山泰子(法政大学教授 江戸東京研究センター長)

コメンテーター
陣内秀信(法政大学特任教授 前江戸東京研究センター長)

(敬称略)

料金
無料(事前登録制・先着順)
主催
法政大学江戸東京研究センター
会場
法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー25階 B会議室
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク