楊 光耀・大庭早子 
MAB TALK session.1 武雄で建築デザインを語る「楼門は地方を盛り上げる建築の元祖!?」

このイベントは終了しています

2018年10月13日(土)

国内で活躍する建築家・アーティスト・建築にゆかりのある方をゲストに招いた連続トークイベント「MAB TALK」を武雄市図書館で開催。

session.1は、武雄のシンボルともいえる武雄楼門をテーマの核に据え、地域活性のシンボルとしての建築や、隈研吾氏をはじめとする近代建築の設計、デザインについて語り合いたいと思います。

ゲストは、東京大学大学院で建築学を専攻する若手建築家・ 楊 光耀 氏と、佐賀県武雄市で活躍する建築家・ 大庭早子 氏をお招きしています。

楊氏は2018年より千葉県松戸市・屋台プロジェクトや東京都多摩市ニュータウン再生推進会議市民委員として活躍中で、大庭氏はブラジル・サンパウロの建築事務所に勤め、帰国後に佐賀県武雄市で建築設計事務所を設立された気鋭の建築家さんです。

建築デザインを、地域視点から考える本トークイベント。建築デザイン、設計、まちづくりに興味がある方のご参加をお待ちしております!

日程
2018年10月13日(土)14時〜16時
出演
楊 光耀
大庭早子
(敬称略)
料金
1,000円(資料費含む)
定員
30名(参加券制・先着順)
参加券は10月1日(月)以降、武雄市図書館 本館サービスカウンターにてお受け取りいただけます。なお定員に達し次第、参加券の配布を終了いたします。
お問い合わせ先
武雄市図書館
0954-20-0222(FAX:0954-20-0223)
epochal@epochal.city.takeo.lg.jp
主催
株式会社まちづクリエイティブ
会場
武雄市図書館
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304番地1
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク