シリーズ「建築のみかた」第10回
「建築と響き」

2018年12月18日(火)

人は「空間」を感じるときに、主に視覚を通じて認識しますが、実際には聴覚にも大きく依存しています。今回のイベントでは、音場支援装置という音響システムにより建築会館ホールの「音場」をバーチャルに変化させ、そこでのピアノ演奏を聴いてもらうことで、日常ではなかなか気付かない音による空間認識を意識してもらうための企画です。Chouchou-シュシュ-はバーチャルワールドという国境のない果ての地で生まれた音楽ユニット。その独特な世界観から紡ぎ出される音は、鮮やかな非現実的な景色の中で、限りなく現実的な感情を呼び起こす。

日程
2018年12月18日(火)19時~20時30分
出演
第1部 ミニコンサート
ピアノ演奏・音源作成 arabesque Choche(Chouchou)

第2部 音響システムの解説&対談
音響システムの解説 宮崎秀生(ヤマハ株式会社空間音響グループ)
対談出演 arabesque Choche(Chouchou)

(敬称略)

料金
1,000円
定員
120名(事前申し込み制・先着順)
申し込みページ
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=615512
主催
日本建築学会関東支部
協賛
ヤマハ株式会社
ヤマハサウンドシステム株式会社
会場
建築会館ホール
(東京都港区芝5-26-20)
  • JR山手線・京浜東北線田町駅(三田口)より徒歩3分
  • 都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)より徒歩3分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク