Nomadic Rhapsody — “超移動社会”がもたらす新たな変容 —

このイベントは終了しています

2018年10月21日(日)〜2019年01月14日(月)

『Nomadic Rhapsody — “超移動社会”がもたらす新たな変容 —』は建築模型をお預かりするWEBサービス「ARCHI-DEPOT ONLINE」の保管作品を活用した特集展示の第3弾として企画するもので、複数の建築家による海外プロジェクトの模型作品を中心にご紹介します。

文化は人々の移動によって生まれ、育まれてきました。大航海時代を経て欧州諸国の東南アジア進出により流行したシノワズリとロココの融合、植民地への旅が発想の種となったポスト印象派と様々な表現主義、亡命のために海を渡ったシュルレアリスム、アメリカ大陸を縦断したブルースやジャズ。建築文化もまた、長い歴史の中で人々の移動による交流が起こり、地域間で相互に影響を受け合ってきたと言えます。

デラシネの時代、コンピューターが生活の中心になり、世界への扉が身近になった一方で、地域の不平等や格差、言語多様性の衰退は広がり、地球温暖化、気候擾乱や大地の震えは人々の生活を脅かし、人災によっても人種や民族の離散が起こっています。海外、とりわけアジアと呼ばれる地域で個々に生じているさまざまな事象は、日本が抱えている課題と共通してはいないでしょうか。それらは互いに関連付けられないものでしょうか。

日程
2018年10月21日(日)〜2019年1月14日(月・祝)11時〜19時(最終入館18時)
休み
月曜(月曜が祝日の場合翌火曜休館)
料金
一般3,000円 大学生・専門学生 2,000円
出展建築家
迫慶一郎(SAKO建築設計工社)
前田茂樹(ジオ-グラフィック・デザイン・ラボ)
藤野高志(生物建築舎)
小嶋伸也・小嶋綾香(小大建築設計事務所)
海法圭(海法圭建築設計事務所)
大野友資(ドミノ設計事務所 & Gottingham)
佐藤研吾(In-Field Studio)
ほか
(敬称略)
主催
建築倉庫ミュージアム
協力
市川紘司(明治大学理工学部建築学科助教)
後援
三宅理一(一般社団法人日本建築文化保存協会理事)
会場
建築倉庫ミュージアム
(東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫本社ビル1F)
  • 東京モノレール 天王洲アイル駅 徒歩5分
  • 東京臨海高速鉄道りんかい線 天王洲アイル駅B出口 徒歩4分
  • JR品川駅 港南口 徒歩15分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク