「新しい木質構造のはなし — 構造解析・防耐火・設計施工 —」

2019年03月08日(金)

建築木質構造に関する最新の研究成果および設計施工の最新動向について3名の専門家の先生よりご講演を頂きます。構造、防耐火、設計施工の各知識は木質構造を実現する上での必須知識です。本講演会では各1時間の講演時間を設け、耐震分野における構造解析、防耐火の近年の法規と研究動向、中大規模木造の設計施工に関する最新情報について講演して頂きます。

日程
2019年3月8日(金)13時~17時(受付開始12時30分)
プログラム
司会 椙山女学園大学・清水秀丸(東海支部構造委員)
1. 開会の挨拶:名古屋大学・飛田潤(東海支部構造委員長)
2. 「木造住宅の耐震性能の見える化」京都大学・中川貴文
3. 「木質系構造の防火上の要求性能と近年の研究動向」国総研・鈴木淳一
4. 「中大規模木造の計画」三四五建築研究所・清水人美
5. 全体質疑・討論
6. 開会の挨拶:飛田潤(前出)
(敬称略)
料金
無料(事前申し込み制)
主催
日本建築学会 東海支部構造委員会
会場
椙山女学園大学 生活科学部棟 地下1階 B110室
名古屋市千種区星が丘元町17番3号
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク