豊田啓介「情報と都市」 アーバンデザインスクール 
「アーバンデザインセンターびわこ・くさつ(UDCBK)」× 立命館大学大学院建築都市デザインコース「スタジオデザインプログラム(SDP)」合同企画

2018年11月21日(水)

インターネットが不可欠なインフラとして普及した現在、モノだけでなく情報の世界もまた現実であることは、今や否定できません。モノの世界の住人とは異なるデジタル世界の住人の視点から世界を見てみることで、新しい設計、建築や都市のあり方、さらには世界のトレンドである新しいスマートシティのあり方も見えてきます。モノの世界、情報の世界の間に見え始めた第三の世界、「コモングラウンド」の可能性を探ります。

日程
2018年11月21日(水)18時30分~20時
出演
豊田啓介(建築家/noiz共同主宰)
(敬称略)
定員
50名(事前申し込み制)
主催
アーバンデザインセンターびわこくさつ
立命館大学理工学研究科都市システム専攻シリーズ
コーディネート
武田史朗(立命館大学教授/UDCBK副センター長)
会場
アーバンデザインセンターびわこ・くさつ(UDCBK)
滋賀県草津市野路1丁目13番36号 西友南草津店1階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク