北田暁大 × 酒井泰斗「社会学への帰還 — 構築主義から社会哲学を経由して」
『社会制作の方法 — 社会は社会を創る、でもいかにして?』(勁草書房)刊行記念

2018年11月24日(土)

北田暁大さんの『社会制作の方法ー社会は社会を創る、でもいかにして?』が勁草書房より刊行されました。

本書は、社会構築主義から出発し、哲学や社会理論などを経由し、また社会学に戻ってくるまでの軌跡を綴っています。

具体的には、ドナルド・デイヴィドソンをはじめとした、エリザベス・アンスコムやアルフレッド・シュッツといった人々の行為理論、歴史理論、言説分析・概念分析・エスノメソドロジー、ルーマンのシステム理論といった諸々の理論・哲学に「自分なりの解答」を得るまでの、思考の軌跡を、「社会を創る」という観点から再編集しています。

対談のお相手には、会社員でありながらルーマンの社会理論やエスノメソドロジーなど、社会学の議論に詳しい酒井泰斗さんをゲストにお招きします。社会構築主義をめぐる社会学の議論を踏まえることで、どのような「社会学」が可能なのか、可能になるのかをめぐって、お話していただきます。

日程
2018年11月24日(土)15時~17時(14時30分開場)
出演
北田暁大
酒井泰斗
(敬称略)
料金
前売1,500円 + ワンドリンクオーダー
当日店頭2,000円 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク