奥泉 光 × 加藤陽子「太平洋戦争開戦日に考える 天皇と戦争、歴史と文学」

2018年12月08日(土)

なぜ戦争は始まってしまったのか。なぜ途中で引き返すことができなかったのか。
軍事指導者としての昭和天皇に疑義を抱くようになった政治主体が、内に五・一五事件、二・二六事件、外に満州事変、日中戦争を起こしていった軍の青年将校や中堅幹部だった。軍事指導者(大元帥)としての天皇像と、近代的な憲法上に位置づけられる国家の最高機関としての天皇像との乖離とは。

歴史家・加藤陽子が出会った、小説家・奥泉光の世界~グランド・ウォー・ミステリー。小説家と歴史家が、開戦の日に語り合う。

日程
2018年12月8日(土)19時30分~(19時開場)
出演
奥泉 光(作家)
加藤陽子(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
(敬称略)
料金
1,000円
会場
ジュンク堂 池袋本店 4F 喫茶
(東京都豊島区南池袋2-15-5)
  • JR池袋駅・東武東上線「池袋」駅 東口より徒歩約5分
  • 東京メトロ有楽町線・副都心線・丸ノ内線「池袋」駅 39番出口より徒歩約5分
  • 西武池袋線「池袋」駅 西武南口より徒歩約2分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク