戦後空間シンポジウム02 技術・政策・産業化 — 1960年代住宅の現実と可能性 —

2019年01月14日(月)

本シンポジウムは、建築歴史・意匠委員会の戦後空間WGが企画するものです。

第2回シンポジウムは「技術・政策・産業化」という構成で1960年代を考えます。例えば、岩波新書版「日本の近現代史(全10巻)」の1960年代に焦点を当てた第8巻、武田晴人著「高度成長」で、建築に関する記述は、唯一、第2章でのnLDKという概念の成立と団地の登場です。この点は、高校の日本史の教科書でも同様です。1960年代、建築と社会は、住宅で結ばれていたというのが近現代史の側の見解です。そこで、1960年代の住宅を、技術・政策の両面から分析しつつ、今日、産業と呼ばれる迄に成長したこの分野が、いまだ可能性であった時代の住宅の現実を振り返りたいと思います。

日程
2019年1月14日(月)13時30分~17時
出演
1. 開会挨拶 松田法子(戦後空間WG主査/京都府立大学)
2.「第2回」開催の趣旨 内田祥士(東洋大学)
3.「技術」松村秀一(東京大学)
4.「政策」平山洋介(神戸大学)
5.コメント 祐成保志(東京大学)磯達雄(フリックスタジオ)
6.質疑応答
7.振り返って 内田祥士(前掲)
8.閉会
(敬称略)
料金
一般2,000円 学生1,000円
定員
70名(事前申し込み制・先着順)
申し込みページ
https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=615520
主催
日本建築学会 建築歴史・意匠委員会
会場
建築会館 会議室
(東京都港区芝5-26-20)
  • JR山手線・京浜東北線田町駅(三田口)より徒歩3分
  • 都営地下鉄浅草線・三田線三田駅(A3出口)より徒歩3分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク