篠原雅武 × 能作文徳 「人新世」時代の環境哲学と建築 
ティモシー・モートン『自然なきエコロジー』(以文社)刊行記念

2018年12月14日(金)

2018年11月、待望となるティモシー・モートンの主著『自然なきエコロジー』(以文社)を翻訳・刊行いたしました。現在、「人新世」という新たな地質年代が提唱され、人文社会科学の領域でも活発に議論されつつあります。モートンの本書は、そうした環境哲学・思想的な議論のなかでも、独自のエコロジー論を展開しています。

今回、早くから日本にモートン思想を紹介し、『自然なきエコロジー』の翻訳を手がけた哲学者・思想家の篠原雅武さんと、2016年のヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展に続いて、2019年の同ビエンナーレ国際美術展の代表作家に選出された建築家の能作文徳さんに、本書の意義と、「人新世」時代の、人間と自然、都市・建築と環境の関係、そのあり方について解説いただきます。

日程
2018年12月14日(金)19時〜20時30分(開場18時30分)
出演
篠原雅武
能作文徳
(敬称略)
料金
1,350円
定員
50名(事前申し込み制)
会場
青山ブックセンター本店
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア B2F)
  • 表参道駅B2出口 徒歩7分
  • 渋谷駅 (東口/宮益坂側) 徒歩13分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク