柳宗悦の「直観」 美を見いだす力

2019年01月11日(金)〜2019年03月24日(日)

それまで顧みられることのなかった、朝鮮陶磁、木喰仏、日本の民藝などに次々と美を見いだしていった柳宗悦(当館創設者/1889-1961年)。この前人未到の業績を可能とさせたものは、ほかならない柳の「直観」でした。

柳は、「直観とは文字が示唆する通り『直ちに観る』意味である。美しさへの理解にとっては、どうしてもこの直観が必要なのである。知識だけでは美しさの中核に触れることが出来ない」と、そして「何の色眼鏡をも通さずして、ものそのものを直に見届ける事である」と述べています(「直観について」1960年)。

本展では柳の眼差しを追体験してもらうため、説明や解説を省き、時代や産地、分野を問わず、柳が蒐めた名品を中心にして一堂に展観します。

日程
2019年1月11日(金)~3月24日(日)10時〜17時(入館は16時30分まで)
金曜日は19時まで開館(入館は閉館30分前まで)
休み
月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)
料金
一般 1,100円 大高生 600円 中小生 200円
主催
公益財団法人 日本民芸館
会場
日本民藝館
(東京都目黒区駒場4-3-33)
  • 京王井の頭線「駒場東大前駅」西口から徒歩7分
  • 小田急線「東北沢駅」東口から徒歩15分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク