「高蔵寺リ・ニュータウン計画」の視察とパネルディスカッション

2019年02月02日(土)

世帯分離と団塊の世代の高齢化で人口減少が続く中、居住者の多層化が急務となっている高蔵寺ミュータウン。その中で、高蔵寺リ・ニュータウン計画を策定し、廃校となった旧藤山台東小学校を多世代交流拠点として再生された「グルッポふじとう」、そして、今後予定される再生プロジェクトをツアーで廻った後、行政、UR都市再生機構そして高蔵寺まちづくり株式会社の関係者を交えて高蔵寺ニュータウンの再生に関してディスカッションを行っていきます。

日程
2019年2月2日(土)13時~16時
出演
13時~14時
高蔵寺ニュータウンの現状を視察するバスツアー
ツアーコンダクター:石川勇三(高蔵寺まちづくり株式会社営業企画部長)

14時~14時40分
レクチャー「高蔵寺リ・ニュータウン計画」の目指すところ
石川勇三(同上)

14時40分~16時
パネルディスカッション
司会: 村上心(椙山女学園大学教授)
パネラー:
水野真一(春日井市まちづくり推進部ニュータウン創生課課長)
五十嵐和晃(UR都市機構中部支社住宅経営部団地マネージャー)
石川勇三(同上)
納村信之(名古屋商科大学経営学部教授)

(敬称略)

料金
無料(事前申し込み制)
主催
日本建築学会 東海支部 設計計画委員会
会場
グルッポふじとう(旧藤山台東小学校)3階大会議室
愛知県春日井市藤山台1-1
スポンサーリンク