増井淑乃「将に啼かんとするや」

このイベントは終了しています

2018年12月20日(木)〜2019年01月07日(月)

増井淑乃の作品は繊細で細密な水彩画です。紙に水彩で下地を塗り、時間をおいてから何度も重ねて描かれる画面には、滲みによってできる偶然の効果と意図的で入念な描線によって独特のテクスチュアがつくりだされます。増井が身近な存在として観察してきた猫や馬、鳥などは、作品のなかで背景と重なり、まるで神話に登場する動物のように描かれます。

本展では新たに、色鉛筆をベースにコラージュを施した作品や、馬をシンプルに配置して描いた作品を制作。展覧会タイトルの「将に啼かんとするや」のように、増井の中で何かが産声をあげようとしているのかもしれません。小山登美夫ギャラリーでは2年ぶりとなる本展では、常に自分自身と対話や格闘をしながら制作する増井の旧作から新作までを展示いたします。

日程
2018年12月20日(木)〜2019年1月7日(月)11:00 – 20:00
12月31日(月)は18時まで
休み
1月1日(火)
料金
無料
出展作家
増井淑乃
(敬称略)
会場
8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階)
  • 東急東横線・田園都市線、東京メトロ副都心線「渋谷駅」15番出口直結
  • JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク