南方熊楠~人、情報、自然~

2018年12月17日(月)〜2019年02月23日(土)

南方熊楠(1867-1941)は、森羅万象を探求した「研究者」とされてきましたが、近年の研究により、広く資料を収集し、蓄積して提供した「情報提供者」として評価されるようになりました。ここでは、日記、書簡、抜書(ぬきがき)、菌類図譜をキーアイテムとして熊楠が遺したさまざまな資料をご覧いただき、新しい熊楠像を紹介します。本展示は京都工芸繊維大学の美術工芸資料館、環境科学センター、情報科学センターが共同で企画しました。また、展示内容は2017年12月19日から2018年3月4日まで東京上野の国立科学博物館で開催された南方熊楠生誕150周年記念企画展『南方熊楠100年早かった智の人』を基に構成されています。

日程
2018年12月17日(月)~2019年2月23日(土)10時〜17時(入館は16時30分まで)
休み
日曜・祝日、12月29日(土)~2019年1月6日(日)、1月19日(土)
料金
一般200円 大学生150円 高校生以下無料
主催
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館、環境科学センター、情報科学センター
共催
南方熊楠顕彰館(和歌山県田辺市)
特別協力
国立科学博物館
会場
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
(京都市左京区松ヶ崎橋上町)
市営地下鉄「松ヶ崎」駅下車1番出口から右(東)へ約400m、四つ目の信号を右(南)へ約180m進む。 京都バス高野泉町駅下車、馬橋を渡り左へ約200m進む。
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク