CREATIVE CAFÉ NAGOYA 
LECTURE + DIALOGUE Vol.7
「トーヴェ・ヤンソンから見たフィンランドの暮らしとデザイン」

このイベントは終了しています

2019年02月01日(金)

ヘルシンキ市(フィンランド)は名古屋市と同じユネスコ・デザイン都市です。ムーミンの原作者としても知られるトーヴェ・ヤンソンはヘルシンキを拠点に画家、小説家、漫画家、イラストレーター、詩人など様々な表現活動を行っていました。絵画作品やムーミン童話シリーズの挿絵にはイタリアやフランス、ドイツの芸術や日本の浮世絵の影響も見受けられ、独自の世界観が表現されていましたが、根底にはいつもフィンランドの自然と文化、社会や暮らしがありました。

2019年春からスタートする新しいムーミン・アニメーション・シリーズのワールドプレミアが1月25日にヘルシンキで開催されるのを記念して、トーヴェ・ヤンソンの作品を通して見えてくる、フィンランドの暮らしとデザインについて、フィンランドと縁のあるファッションブランド「ミナペルホネン」のPRディレクターで絵本作家の長江青さんをお迎えし、お話を伺います。また、アニメーション作家の佐藤美代さんには、新しいムーミン・アニメーション・シリーズについて、現地のワールドプレミアの様子などをお話しいただきます。

日程
2019年2月1日(金)18時~19時30分(開場17時30分)
出演
ゲスト
長江 青|ミナ ペルホネンPRディレクター、絵本作家
佐藤美代|アニメーション作家

モデレーター
江坂恵里子|ユネスコ・デザイン都市なごや推進事業実行委員会

(敬称略)

料金
無料
定員
170名(事前申し込み制・先着順)
主催
ユネスコ・デザイン都市なごや推進事業実行委員会
名古屋市美術館
会場
名古屋市美術館 2F講堂
愛知県名古屋市中区栄二丁目17番16号 芸術と文化の杜
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク