成田龍一 × 姜 尚中「歴史の中で、転換期の<いま>はどう見えるのか?」
『近現代日本史との対話【幕末・維新―戦前編】【戦中・戦後―現在編】』(集英社新書)刊行記念

このイベントは終了しています

2019年02月20日(水)

いま、歴史に対してさまざまな見方が出されています。書店を見渡しても、あらゆる角度から書かれた歴史書が多数並び、注目も高まっているように感じます。「近代」の考え方・見方が問われているということでもあるでしょう。

そんな中、「システム」という観点から、近現代日本の歩みを詳述した通史『近現代日本史との対話』が刊行されました。著者である成田龍一氏は、「いま、世の中で起きている変化や、安倍政権下で行われている改革は、歴史的な文脈の中でどう位置づけられるのか。それを考え、対話していくことが、これからの時代を生きる私たちに必要なこと」と言います。

そのための材料を、『悩む力』『維新の影』などで、日本の近代化について多様な角度から考察してきた政治学者の姜尚中氏と語り合います。

日程
2019年2月20日(水)19時30分~
出演
成田龍一(歴史学者・日本女子大学教授)
姜 尚中 (政治学者)
(敬称略)
料金
1,000円(事前申し込み制・先着順)
会場
ジュンク堂 池袋本店 4F 喫茶
(東京都豊島区南池袋2-15-5)
  • JR池袋駅・東武東上線「池袋」駅 東口より徒歩約5分
  • 東京メトロ有楽町線・副都心線・丸ノ内線「池袋」駅 39番出口より徒歩約5分
  • 西武池袋線「池袋」駅 西武南口より徒歩約2分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク