新着イベント page 4

藤田盟児「福山藩主邸 武家住宅から住宅史を読み解く」

2018年12月09日〜2018年12月09日

広島

SDGs時代の環境建築 「竹中の環境建築」出版記念シンポジウム

2018年12月05日〜2018年12月05日

竹中工務店が建築メディア研究所と企画・編集を進めてきた「人と自然をつなぐ -竹中工務店の環境建築-」(発行・建築技術)が7月に発行されました[…]
東京

スポンサーリンク

ワークショップ「折り紙建築」

2019年01月20日〜2019年01月20日

建物は、ふだん中に入って使うので、全体の姿はなかなか分かりません。 手のひらサイズの「折り紙建築」で、モザイクタイルミュージアムを作れ[…]
岐阜

ヲノサトル × 土佐信道 「電子音楽は未来の夢を見たのか?」『未来の〈サウンド〉が聞こえる』(アルテスパブリッシング)刊行記念

2019年01月25日〜2019年01月25日

『未来の〈サウンド〉が聞こえる』(マーク・ブレンド著)が2018年11月に刊行されました。 同書は、20世紀の映画・音楽・テレビ・広告[…]
東京

第5回 けんちく夜会「地球のデザイン」

2018年12月01日〜2018年12月01日

建築士が企画する、建築士が今聞きたい話題や、世の中の諸々について、夜な夜な語り合う、緩やかな集会。毎回、専門家やエキスパート、情報通の方など[…]
静岡

2018年コスモス国際賞受賞記念講演会 特別対談 オギュスタン・ベルク × 赤坂憲雄

2018年12月02日〜2018年12月02日

「自然と人間との共生」をテーマとする2018年「コスモス国際賞」を受賞したフランス国立社会科学高等研究院教授オギュスタン・ベルク博士を仙台に[…]
宮城

名古屋の建築とまちなみを考える座談会

2019年01月14日〜2019年01月14日

1/400 都市模型を俯瞰して見えてくる名古屋のまちなみの特徴と、これからの名古屋のまちづくりの課題。都市模型サロン「Sakae-BA400[…]
愛知

修士設計コンセプトマッチ2018

2018年12月01日〜2018年12月01日

修士設計コンセプトマッチは、修士設計と修士設計研究について、大学院生が中心となって自主的に企画・運営しながら、各大学の教員とともに集い、発表[…]
京都

佐藤 信 × 山本理顕 第3回 公開シンポジウム「世界・都市・三間四方」

2018年12月07日〜2018年12月07日

愛知

安藤忠雄 × 蓑 豊 第8回みの会議

2018年11月30日〜2018年11月30日

兵庫

スポンサーリンク

篠原雅武 × 能作文徳 「人新世」時代の環境哲学と建築 ティモシー・モートン『自然なきエコロジー』(以文社)刊行記念

2018年12月14日〜2018年12月14日

2018年11月、待望となるティモシー・モートンの主著『自然なきエコロジー』(以文社)を翻訳・刊行いたしました。現在、「人新世」という新たな[…]
東京

こども環境学会 2019年大会(九州)プレ・セミナー

2018年12月01日〜2018年12月01日

セミナーでは、こども環境学会2019年大会(九州)のテーマ:『こどもにやさしいまちの居場所』を踏まえ、こどもたちや子育て世代にとって[…]
福岡

外尾悦郎「ガウディ芸術の力と方向性」@プレミアホテル門司港

2018年12月03日〜2018年12月03日

福岡

戦後空間シンポジウム02 技術・政策・産業化 — 1960年代住宅の現実と可能性 —

2019年01月14日〜2019年01月14日

本シンポジウムは、建築歴史・意匠委員会の戦後空間WGが企画するものです。 第2回シンポジウムは「技術・政策・産業化」という構成で196[…]
東京

「ユニークな南西諸島の鳥達の謎を探る」『島の鳥類学 ― 南西諸島の鳥をめぐる自然史 ―』(海游舎)刊行記念

2018年12月05日〜2018年12月05日

東京

岸政彦 × 北田暁大 × 筒井淳也 × 稲葉振一郎『社会学はどこから来てどこへ行くのか』(有斐閣)刊行記念

2018年12月23日〜2018年12月23日

今この社会で必要とされている学問として、社会学はどうありうるのか。 「どこどこ」では、手法や文脈の異なる著者たちがそれぞれの立場から侃々諤[…]
大阪

渡邉竜一 × 門脇耕三『出島表門橋と12の橋|DEJIMA FOOTBRIDGE & 12 BRIDGES』刊行記念

2018年12月21日〜2018年12月21日

「土木学会田中賞」を受賞するなど高い注目を集め、地元・長崎でも熱狂的に支持されている「出島表門橋」と、ヨーロッパ各地に架けられた歩道橋から厳[…]
東京

安藤忠雄「人生100年。青春を生きる」

2019年01月11日〜2019年01月11日

大阪

スポンサーリンク

『公衆サウナの国フィンランド』(学芸出版社)刊行記念トーク  “フィンランド版銭湯”から学ぶ!いまどきサードプレイスの楽しみかた

2018年12月20日〜2018年12月20日

来年1月に発売される『公衆サウナの国フィンランド』の発売を記念し、著者のこばやしあやなさんと、株式会社銭湯ぐらしの加藤優一さんを迎え、トーク[…]
東京

都市を科学する〜小屋編〜 第1回人はなぜ小屋に惹かれるのか?〜まちの中の小さな居場所を紐解く〜

2018年11月27日〜2018年11月27日

どうして人は、「小屋」にこんなに惹かれているのでしょう? どんな目的で、「小屋」がほしいと思うのでしょう? 山小屋のような自然の中だ[…]
神奈川

建築デザイン講演会2018 豊田啓介「デジタルで広がる建築領域」

2018年11月30日〜2018年11月30日

広島

迫 慶一郎「激動する中国での創作活動で学んだこと」

2018年11月28日〜2018年11月28日

社会を取り巻く環境が大きく変わりゆく今日、ビジネスシーンにおいても既存の枠組みを超えた柔軟な発想が求められています。では、常に新しいものを追[…]
東京

「PLOT 設計のプロセス」展

2018年11月24日〜2019年02月03日

今年で7回目を迎える、冬の展覧会「PLOT 設計のプロセス」展。 同タイトルで編まれた『GA JAPAN 155』の特集では、最新プロジェ[…]
東京

シンポジウム都市史研究の最前線「都市空間の物質性(マテリアリティ)」シリーズ第1回 『都市・建築と物質のあいだ』

2018年12月23日〜2018年12月23日

本シリーズは都市史を空間の物質性(マテリアリティ)という観点から再考しようとするものである。物的側面から建築を考えることは(狭義の)建築史で[…]
東京

第4回デザイン基礎学セミナー Vision Driven: 妄想からスタートする

2018年12月03日〜2018年12月03日

集団としての創造力を発揮する共創の環境が整ってきた今だからこそ、個人としての独創の力 をより引き出すことが求められている。ヴィジョ[…]
福岡

CITIZEN “We Celebrate Time” 100周年展 COMMUNICATION PROGRAM 田根 剛 × 杉本博司「未来の時間・未来の記憶」

2018年12月07日〜2018年12月07日

東京

スポンサーリンク

第7回京都建築賞

2019年02月14日〜2019年02月28日

京都

西洋建築史の諸問題 ラウンドテーブル 第2回 後藤武『アナトール・ド・ボドーのシマン・アルメ建築生成に関する研究』を読む

2019年01月12日〜2019年01月12日

西洋建築史小委員会ラウンドテーブル第2回は後藤武『アナトール・ド・ボドーのシマン・アルメ建築生成に関する研究』( 2018 年度東京大学大学[…]
東京

史的建造物の記録 旧熊本遲信病院アーカイブス

2018年12月04日〜2018年12月04日

2017年7月2日、docomomo Japan主催により、建築家「山田守」が設計した旧熊本遲信病院(1956年竣工)の最後の見学会が実施さ[…]
東京

JIA会員作品講演会 2018「富山の建築 これから」

2018年12月15日〜2018年12月15日

富山

寺田尚樹「スケールにとらわれない発想」

2018年11月27日〜2018年11月27日

愛知

第306回企画展 佐藤研吾展 — 囲いこみとお節介

2018年12月13日〜2018年12月22日

インド、東京、福島という複数の拠点を往還しながら創作活動に取り組んでいる建築家・佐藤研吾の初個展を開催します。 本展では、自身でデザイ[…]
東京

一日だけの須賀敦子展@ときの忘れもの

2018年11月22日〜2018年11月22日

没後20年。 未だに読者を魅了し「現役」の著作家であり続ける須賀敦子。 今回「一日だけの須賀敦子展」と題し、『須賀敦子の旅路』(文春文庫[…]
東京

田中智之の解体新書・原画展 『建築の森・熊本を歩く』『階段空間の解体新書』出版記念

2018年11月21日〜2018年12月05日

東京

スポンサーリンク

第1回小石川フォーラム 芦沢啓治「学んできたこと、実践したこと」

2018年12月14日〜2018年12月14日

建築を仕事とするようになってから今までに、様々な建築家やデザイナーから直接的に、または間接的に学ぶ機会がありました。そうした学びは、咀嚼する[…]
東京

CLTフォーラム 2018

2018年12月12日〜2018年12月12日

フィンランドより、CLTを使った数々の建築等で世界の木造建築界をリードするアンッシ・ラッシラ氏、日本からは、構造エンジニアとして数々の著名な[…]
東京

京都工芸繊維大学歴代卒業設計優秀作品展 1950 - 60’s

2018年11月12日〜2018年12月06日

京都工芸繊維大学の建築教育の伝統は、実学としての堅実な建築家教育を基盤としつつ、柔軟で多彩な思考の展開を目指したものです。京都高等工芸学校図[…]
京都