「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代」展

イベントは終了しています

2016年04月16日(土)〜2016年06月05日(日)

青森県立美術館は、「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代」展を開催する。代表的な大作を中心に約100点、その他近現代の作家達の作品約50点に加え、小説『鍵』の挿絵等をめぐる谷崎潤一郎との書簡、幅約13メートルの最大の板画「大世界の柵」、「縄文と棟方志功」、1956年のヴェネツィア・ビエンナーレの再現展示など、棟方志功の生涯と代表作と同時代の美術と共に展示する

会期
2016年4月16日(土)〜6月5日(日)
休館日
4月25日(月)、5月9日(月)、5月23日(月)
会場
青森県立美術館(青森県青森市安田字近野185)
観覧料
一般:1,300円、高大生:800円、小中学生以下:無料
主催
東奥日報社、青森テレビ、青森県観光連盟、棟方志功記念館、青森県立美術館
後援
NHK青森放送局、青森ケーブルテレビ、エフエム青森、河北新報社青森総局、毎日新聞青森支局、読売新聞青森支局、産経新聞社青森支局、北海道新聞函館支社、東日本旅客鉄道盛岡支社、青森県教育委員会、青森市教育委員会、青森市
協力
日本民藝館、青い森鉄道株式会社、ねぶたの家ワ・ラッセ、JR東日本青森商業開発
詳細
http://www.aomori-museum.jp/ja/exhibition/80/
スポンサーリンク