吉良森子 × 山崎亮 × 遠藤幹子 × 佐久間悠 × 坂山毅彦「これからの建築士賞の、これから」○○書店トーク011

イベントは終了しています

2016年11月03日(木)

東京建築士会が主催する「これからの建築士賞」は昨年設立されたばかりの、まさに“これからの”賞です。

第1回から審査員を務める建築史家・倉方俊輔さんが第2回を終えての講評文で「賞でも組織でも資格でも、生まれる際の明快な苦しみよりも、生きた持続が地味に困難なのだろう。(中略)次回の第3回が正念場に違いない。」と記したように、第3回を迎える前の今こそ同賞の意味をオープンに議論するべきなのではないかと思いました。

そこで今回は同賞の当事者たる審査員と受賞者を招き、倉方さんの投じられたボールをうけて、これからの建築士賞のこれからを語り合ってみます。

日程
2016年11月3日(木・祝)19:00~21:00(開場18:30)
出演
吉良森子/山崎亮/遠藤幹子/佐久間悠/坂山毅彦(敬称略)
会場
ハーフハーフ(東京都文京区小石川2-5-7 佐佐木ビルB棟4F)
料金
500円(税込)
定員
50名
主催
○○書店
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク