堀部安嗣 展「建築の居場所」

イベントは終了しています

2017年01月20日(金)〜2017年03月19日(日)

TOTOギャラリー・間では、建築家・堀部安嗣氏の個展「堀部安嗣展 建築の居場所」を開催します。

建築家として26歳で独立した堀部氏は、これまで20余年にわたり、住宅をメインにゲストハウスなど、80を越える作品を手掛けてきました。そんな堀部氏のつくり出す空間は、多角形などの幾何学をベースとしたフォルムと端正な外観、そしてそれらを構成する木や石、コンクリートなど巧みな素材使いと収まりの美しさにあると言えます。また近年では、地域住民のための集会所や寺院の施設といった公共性のある建築も手掛け、2013年に竣工した「竹林寺納骨堂」(高知県)が高く評価され、「2016年日本建築学会賞(作品)」を受賞しました。

「建築の居場所」と名づけられた本展のタイトルには、自然との関わりが希薄になっている現代において、私たちに本来備わっている「心地よい空間」の記憶を取り戻し、それぞれが本来の居場所を見つけて欲しいというメッセージも込められています。

日程
2017年1月20日(金)~3月19日(日)11:00~18:00
休み
月曜・祝日
会場
TOTOギャラリー・間(東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F)
料金
無料
出展作家
堀部安嗣(敬称略)
主催
TOTOギャラリー・間
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク