佐々木敦 × 夏目深雪 × 金子遊「アピチャッポン映画とは何か、批評の未来」『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』(フィルムアート社)刊行記念

イベントは終了しています

2017年02月03日(金)

2016年は、新作『光りの墓』の公開、12月には東京都写真美術館で個展が開かれるなど「アピチャッポン・イヤー」として湧き、そのラストを飾るべく『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』は刊行されました。
本書はアート/人類学/映画批評の観点からアピチャッポン作品を徹底的に分析した一冊になっています。

本イベントでは、文学・音楽・演劇と多岐に渡るジャンルで活躍し、この度本格的に映画批評に復帰された佐々木敦氏をゲストに迎え、編者2人ととともに、現代映画を刷新するこの映画作家・アーティストをテーマにアピチャッポン映画とは一体何か、批評ができることとは何かを探ります。

アピチャッポン初の舞台作品『フィーバー・ルーム』が公開される直前のトークは映画ファンだけでなく、演劇ファン、またはアピチャッポンのことをもっと知りたい方にまさにうってつけ! 今年もまだまだアピチャッポンに目が離せません。

日程
2017年02月03日(金)20:00~22:00(19:30開場)
出演
佐々木敦(批評家)
夏目深雪(批評家、編集者)
金子遊(映像作家、批評家)
(敬称略)
会場
本屋B&B(世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
料金
1,500円 + ワンドリンクオーダー
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ