「民藝運動フィルムアーカイブ 名も無き美を求めて1934-2017」展

このイベントは終了しています

2017年01月27日(金)〜2017年03月26日(日)

美術品ではなく、庶民が日常的に扱う日用品に日本の美と手仕事を見いだし、世界にその価値を知らしめた民藝運動。そのメンバーの1人であるバーナード・リーチが1934-35年にかけて来日し、当時貴重であった16ミリの機材で自ら撮影したフィルムが長らく氏の自宅に眠っていました。柳宗悦、濱田庄司、河井寛次郎など民藝運動を起こしたメンバーの姿や、当時の日本各地のものづくりの現場やさまざまな風土、風景がそこにはありました。カナダ人映像作家のマーティ・グロスがその存在にたどり着き、晩年フィルムを譲り受け、劣化したフィルムをデジタル化し、撮影された内容を確認しながら、民藝をテーマにした映像作品を製作したり、日本に眠っている映像資料を掘り起こす活動を続けてきました。
本展では、先人達が残してくれた貴重なフィルムから、未来へつながるものづくりや暮らしのヒントを探ります。

日程
2017年1月27日(金)~3月26日(日)10:00~21:00
会場
無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI(東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町)
料金
無料
主催
無印良品
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク