藤村龍至「超高齢社会の包括的タウンマネジメント」/松元一明「多様な働き方『埼玉スタイル』の推進」

このイベントは終了しています

2017年02月10日(金)

県、市町村、企業、NPO、大学等の多様な主体の協働で、埼玉の未来を考え、地域の課題解決に役立つ政策提言をする「産民学官・政策課題共同研究」。このたび、研究成果を、埼玉の皆さまへ、そして全国に向けて発表します。

研究活動は、議論に加え、現地調査や提言の試験的取組(プロジェクト活動)も行ってきました。
発表当日は、本研究会のコーディネーター藤村龍至氏と松元一明氏から、それぞれご指導いただいた研究に関する解説もいただきます。

「超高齢社会」「都市計画」「福祉」「建築」「住民活動」「まちづくり」「多様な働き方」「女性・シニア活躍」「仕事と育児の両立」などに関心のある方をはじめ、どなたでもご参加いただけます。

日程
2017年2月10日(金) 10:00~16:30(開場9:30)
出演
「超高齢社会の包括的タウンマネジメント」
超高齢社会に起因する諸課題が集中的に表れている郊外ニュータウンや団地を具体的なフィールドに、都市政策、福祉政策など単独では解決困難な課題を分野横断的に研究
コーディネーター:
藤村 龍至(東京藝術大学准教授、RFA主宰)


「多様な働き方『埼玉スタイル』の推進」
無業者のうち1/4を占める就業希望者の希望を叶えるために、「若者」「子育て世代」「障害者」「高齢者」の4つのターゲット層を設定し、埼玉独自のオリジナリティあふれる政策提案を目指す「『働きたい』『働きやすい』『働いてほしい』を叶える『埼玉スタイル』」を研究
コーディネーター:
松元 一明((一財)地域開発研究所 主任研究員)

(敬称略)

会場
埼玉県県民健康センター(さいたま市浦和区仲町3-5-1)
主催
彩の国さいたま人づくり広域連合
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク