ヴァンソン藤井由実「フランスの地方都市には なぜシャッター通りがないのか」-公共交通を導入した活気あるまちづくり-

このイベントは終了しています

2017年03月27日(月)

魅力ある中心市街地のまちづくりを推進する一つの手法として,LRTを始めとする公共交通を導入することにより,歩いて楽しめる中心市街地の賑わい創出などをテーマにシンポジウムを開催します。

シンポジウムでは,LRTのある宇都宮の将来像や中心市街地の活性化などについて,みなさんと一緒に理解を深めていく内容となっています。

ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております。

日程
2017年3月27日(月)14:00〜16:30
出演
・講演
「フランスの地方都市には なぜシャッター通りがないのか」
- 公共交通を導入した活気あるまちづくり -
講師:
ヴァンソン藤井由実(「フランスの地方都市には なぜシャッター通りがないのか」著者)


・パネルディスカッション 「宇都宮都市圏におけるLRT整備への期待」
パネリスト:
ヴァンソン藤井由実
森本章倫(早稲田大学 理工学術院 教授)
山島哲夫(宇都宮共和大学 シティライフ学部 教授)
(敬称略)
会場
宇都宮共和大学 宇都宮シティキャンパス 大講義室(宇都宮市大通り1丁目3番18号)
料金
1,000円
定員
150名
主催
栃木県LRT研究会作業部会、宇都宮商工会議所東西基幹公共交通整備特別委員会、特定非営利活動法人宇都宮まちづくり推進機構(主管)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク