新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

沼野充義「いま文学にできることは何か」『つまり、読書は冒険だ。』刊行記念

2017年04月21日(金)

東大現代文芸論研究室を主宰され、文芸評論家としても名高い沼野充義教授。光文社古典新訳文庫では、創刊当時より沼野教授にアイデアやアドバイスを頂き、企画の参考にさせて頂いています。

そんな沼野教授は、「いまの文学はどうなっているのか」「どんな面白い本があるのか」「それをどう読むべきか」といったことについて、現在最前線で活躍する小説家、翻訳者、研究者たちをゲストに、2009年~2016年の間に26回の対談を重ね、5冊の対談集(「対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義」シリーズ・光文社刊)を刊行されています。

3月に発売された『つまり、読書は冒険だ。』はその最新刊にしてシリーズの掉尾を飾る完結篇。沼野教授の文学への熱い思いが読み取れる一冊です。

多くの対談を通じ、「いま文学にできることとは」「文学を楽しむ秘訣とは」といった深い問いに、沼野教授はどのような答えを出されたのでしょうか。いつもはホスト役の教授をゲストに迎え、文学への思いや対談という手法について、縦横無尽に語って頂きます。

日程
2017年4月21日(金)18:30~(開場18:15)
出演
沼野充義(文芸評論家)
駒井稔
(敬称略)
会場
紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
料金
無料
定員
50名
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク