村上慧 × 坂山毅彦「建築と本と移動をめぐる対話」『家をせおって歩いた』 (夕書房)刊行記念

このイベントは終了しています

2017年05月13日(土)

発泡スチロール製の家を担ぎ、徒歩で移動、毎晩出会った人の敷地に移住しながら絵を描き、考えつづける美術家、村上慧さん。家ごと移動するという究極の建築のかたちを示した村上さんが、ミニマルな生活の中で最後まで手放さなかったのが本でした。そんな村上さんのプロジェクトに注目してきたのが、建築家でありながら書店員としての顔も持つ坂山毅彦さんです。

2年前、村上さんの前作『家をせおって歩く』(「たくさんのふしぎ」)の刊行記念イベント@本屋B&Bがきっかけで出会った2人が、初めて建築について、本について語り合います。

なお、『家をせおって歩いた』は、新しいひとり出版社「夕書房(せきしょぼう)」から刊行する初めての本。

日程
2017年05月13日(土)19:00~21:00(18:30開場)
出演
村上慧
坂山毅彦
聞き手:高松夕佳(夕書房)
(敬称略)
料金
1,500円 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
下北沢駅南口徒歩30秒
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク