松永安光・徳田光弘ほか「世界の地方創生 辺境のスタートアップたち」

イベントは終了しています

2017年05月26日(金)

人口減少が続く今、地方の再生は待ったなしの課題です。それは人口増加を夢見ることでもなければ、誰かに頼って成し遂げられることでもない、と分かっていても、ではどうすれば良いか、つい国の施策に頼ってしまう場合も多いのが現状です。

しかし世界を見渡してみれば山村、農村、旧市街地に、ローカルビジネスに挑む起業家や自治体がいます。自らリスクをおって一歩を踏み出すスタートアップたち。その勇気こそが地方創生に求められるているのではないでしょうか。

そうした思いから私たちは『世界の地方創生-辺境のスタートアップたち』を執筆しました。

先進木造、村ぐるみの宿、美酒佳肴、小規模公民連携、美食とラーニング、アートビジネス、森林活用、既存ストック活用など、紹介した事例は辺境といっても良い小さな村や町、あるいは欧州や国の中心からは外れた都市で、誰かが決断し進めている事業です。

今回の出版記念セミナーではいくつかの典型的な事例をご紹介し、執筆した私たちがもっとも大切だと思うこと、皆さんに伝えたい点は何かを議論し、提言したいと思います。

日程
2017年5月26日(金)18:30~20:30頃(18:00開場)
※その後交流会あり
出演
松永安光・徳田光弘ほか
(敬称略)
料金
1000円
※『世界の地方創生』をお持ちの方、会場でお買い上げの方は会費無料
※交流会の費用は別途実費
定員
50名(先着順)
主催
学芸出版社
会場
学芸出版社 3階
(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
京都駅より徒歩約5分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク