五十嵐立青・五十嵐浩也・坂本修一・斉藤剛・落合陽一・くとの・鎌田千市・藤村龍至・クロサカタツヤ・長谷川敦士・鶴岡マリア・江渡浩一郎「筑波研究学園都市にイノベーティブ・コミュニティを創る」

イベントは終了しています

2017年05月20日(土)

文部科学省主催シンポジウム「筑波研究学園都市にイノベーティブ・コミュニティを創る 〜大学・研究機関と地域の横の連携からデザインする〜」を開催します。

わが国の研究学園都市「つくば」が果たすべき役割は、国家プロジェクトとしての建設された時点から、大きく変化しています。最先端の科学技術シーズを数多く擁するつくばにおいて、さらなる産業創出の活性化が期待されることは言うまでもありません。その方策として、これまでの既存のアプローチの延長線上にとどまらず、国内外の優れた先行事例に学び、筑波研究学園都市をイノベーティブ・コミュニティとして多面的に機能させることが必要と考えられます。

今回、その出発点となる「科学技術イノベーションに向けた筑波研究学園都市のグランドデザイン」について議論します。

五十嵐立青 つくば市長、坂本修一 文部科学省 産業連携・地域支援課長、五十嵐浩也 筑波大学 大学執行役員、“現代の魔法使い”と言われるメディアアーティストの落合陽一氏など、12名の有識者が登壇します。

日程
2017年5月20日(土)13:00〜17:00(受付開始12:30)
※終了後、別会場で交流会を開催
出演
五十嵐立青(つくば市長)
五十嵐浩也(筑波大学 大学執行役員 芸術系教授)
坂本修一(文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長)
落合陽一(筑波大学 図書館情報メディア系 助教/メディアアーティスト)
斉藤剛(株式会社経営共創基盤 パートナー/取締役マネージングディレクター)
くとの(チームSRSIV代表/ニコニコ学会β交流協会副会長/つくば横の会)
鎌田千市(紫波町経営支援部企画課 公民連携室長)
藤村龍至(東京藝術大学美術学部建築科 准教授)
クロサカタツヤ(株式会社 企 代表取締役)
長谷川敦士(株式会社コンセント 代表取締役社長)
鶴岡マリア(サイマックス株式会社 代表取締役CEO)
江渡浩一郎(産業技術総合研究所 主任研究員/ニコニコ学会β交流協会会長/つくば横の会)
(敬称略・順不同)
料金
無料
定員
170名(先着順・要事前登録)
主催
文部科学省
企画
つくば横の会
会場
文部科学省 研究交流センター(茨城県つくば市竹園2-20-5)
会場の場所をGoogleマップで開く

申し込み受付が5月18日(木)まで延長されました。

スポンサーリンク