帯野久美子 × 宗田好史「地方と世界をつなぐ人材の育て方」『地域がグローバルに生きるには』(学芸出版社)刊行記念

イベントは終了しています

2017年07月04日(火)

英語教育の充実などを足がかりにグローバル人材の育成が目指される中、一方では地域再生や地方創生が叫ばれています。都市部に比して人材面や資金面で課題を抱えがちな地方大学や地元の自治体には、今後どのような舵取りが求められるのでしょうか。

今回は、『地域がグローバルに生きるには―地方創生と大学教育』を上梓される和歌山大学元副学長の帯野久美子さんをゲストにお招きします。前半では、帯野さんが同大学で実践してこられた東南アジアをフィールドとする研修プログラムの取り組みや、活発な国際交流を可能にする地域の土壌づくりなどについてお話しいただきます。

後半では国内外の地域政策に詳しい京都府立大学副学長の宗田好史さんにコメンテーターとして加わっていただき、地域と世界をつなぐグローバル人材の要件や、その育成のためにこれから地方大学や地元の産業界が担うべき役割についてディスカッションします。

広い視野を持つ若者が根付く地域づくりを考えている方、大学の地域貢献や産学連携のあり方にご関心をお持ちの方など、広くご参加を歓迎いたします。ぜひお越しください。

日程
2017年7月4日(火)18:30~20:30頃(18:00開場)
その後懇親会あり(希望者のみ)
出演
帯野久美子(株式会社インターアクト・ジャパン代表取締役)
宗田好史(京都府立大学副学長・和食文化研究センター長)
(敬称略)
料金
1000円、懇親会は実費(希望者のみ、数千円程度)
※『地域がグローバルに生きるには』ご持参の方、会場でお買い上げの方は会費無料
定員
50名(先着順)
主催
学芸出版社
会場
学芸出版社 3階
(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
京都駅より徒歩約5分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク