浅野純一郎・原田陽子・篠部裕 「都市縮小時代の土地利用計画 多様な都市空間創出へ向けた課題と対応策」

イベントは終了しています

2017年07月21日(金)

人口減少やリバーススプロールへの対策が種々議論されていますが、危惧されるのは、コンパクトやシュリンクという言葉が、後退的でネガティブな印象を持つが故のマイナス思考の一人歩きです。

目指すべきは、拡大から縮小へというパラダイムシフトを好機と捉え、空き地や空き家を活かして多様な都市空間を生み出し、新しい暮らしと都市への希望を創り出すことではないでしょうか。

そのような問題意識から、地方都市や首都圏の人口減少地域との自らの関わりを基に、現状や課題を把握し、問題提起・提案に踏み込む『都市縮小時代の土地利用計画』を執筆しました。

もちろん「こうすれば良い」といった万能の解などありはせず、本書は最初の一歩です。

行政関係者、コンサルタント等の実務関係者、研究者、大学院生、さらには、まちづくりに関心をもっている方々に、情報共有や情報交換等を通し、よりよい明日のまちづくりに一歩でも近づいてゆく機会としたいと思います。

是非、ご参集ください。
浅野 純一郎

日程
2017年7月21日(金)18:20~20:40頃まで(17:50開場)
出演
浅野純一郎(豊橋技術科学大学大学院教授)
原田陽子(福井大学大学院准教授)
篠部裕(呉工業高等専門学校教授)
(敬称略)
料金
1000円
※『都市縮小時代の土地利用計画』をお持ちの方、会場でお買い上げの方は会費無料
定員
50名(先着順)
主催
学芸出版社
会場
学芸出版社 3階
(京都市下京区木津屋橋通西洞院東入)
京都駅より徒歩約5分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク