菅木志雄、李禹煥「History on paper - Mono-ha -」

このイベントは終了しています

2017年06月22日(木)〜2017年07月09日(日)

数多ある名品を版画というジャンルで絞り、改めてその価値や歴史の成り立ちに触れる「History on paper」シリーズ。

第3回となる今回は、1960年代から1970年代中期にかけて起こった芸術運動「もの派」の中心人物である李 禹煥と菅 木志雄の版画作品をご紹介します。「もの派」とは「具体」とともに日本の戦後美術の大きな柱となった芸術運動です。

自然物や人工物をほぼ未加工のまま提示し、それらモチーフと観客や展示空間との関係性を認識させ、再構築します。

ポンピドゥー・センターでの「前衛芸術の日本 1910-1970」展(1986年)で国際的な高い評価を得ることで、以後国外でも「Mono-ha」として定着しました。

李 禹煥は代表的な作品シリーズ「From Line, From Point」の中から1977年制作の8点セットを中心に構成。菅 木志雄は1980年制作の貴重な木版を展示いたします。

その時代に新たな価値を生み出し、後世に受け継がれる作品の数々。ギャラリーという空間で観るからこそ、より近く作品について深められる貴重な機会となります。 ぜひご高覧くださいますようお願い申し上げます。

日程
2017年6月22日(木)〜7月9日(日)12時〜20時
休み
月曜、毎月最終日曜日
出展作家
菅木志雄、李禹煥
(敬称略)
主催
hpgrp GALLERY TOKYO
会場
hpgrp GALLERY TOKYO
(東京都港区南青山5-7-17 小原流会館 B1)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク