新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

谷川道子「『三文オペラ』『ガリレオの生涯』20世紀最大の劇作家ブレヒトの魅力」紀伊國屋書店Kinoppy=光文社古典新訳文庫Readers Club Reading Session #31

2017年07月27日(木)

「叙事的演劇」「異化効果」など、演劇に革新をもたらしたブレヒトは20世紀最大の劇作家と言われています。彼の出世作であり代表作になった『三文オペラ』は19世紀のロンドンが舞台。盗賊団のボスに乞食、娼婦、泥棒たちが、下ネタと痛烈な社会批判を繰り広げる音楽劇です。また、教会と対立し幽閉されつつも「それでも地球は回っている」と自説を後世に遺そうとしたガリレオを描いたのが、ブレヒト最後の”自伝的”傑作である『ガリレオの生涯』です。今回のイベントでは、ナチスへの抵抗から亡命生活へ、そして帰国後自らの劇団を設立して世界的に活躍したブレヒトの波乱の人生とともに、彼の劇作の魅力と革新性について、翻訳者の谷川道子さんに存分に語ってもらいます。

日程
2017年7月27日(木)18時30分~(開場18時15分)
出演
谷川道子
駒井稔(光文社古典新訳文庫・創刊編集長)
(敬称略)
料金
無料(要予約)
定員
50名
会場
紀伊國屋書店新宿本店8階 イベントスペース
(新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店)
JR 新宿駅 東口より徒歩3分
地下鉄丸ノ内線・副都心線・都営新宿線 新宿三丁目駅 B7、B8出口より徒歩1分(地下道より直結)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク

関連アーカイブ