RIBBONESIA「MURMUR」札幌展

イベントは終了しています

2017年09月01日(金)〜2017年09月30日(土)

リボンを主な素材として、様々なアートワークを創作して国内外で発表している、アーティストの前田麦とクリエイティブ・ディレクターの吉川徹によるアート・ユニット「リボネシア」の札幌凱旋展を、クラークギャラリー+SHFTにて9月1日から30日まで開催します。

深海の底、人知れぬ森の奥、天空の果て、なるべく私たちから遠く離れた場所。そこから聞こえて来る微かな囁き「MURMUR」(マーマー)に耳を澄ます想像力を私たちが持つならば、この世界はもっと別の輝きを放つはずだ。『自分とそれ以外の存在の主体性を多元的に捉える試練』を新作のテーマとした、制作拠点である札幌での凱旋展示となる本展では、動植物や昆虫など小さく声なき生命をモチーフとした、円形フレームの壁面作品8点、その他、今回の札幌展で初公開となるウレタンを使用した実験立体オブジェを展示。新作オリジナルプリントのシルクスカーフ4種類も限定販売します。

日程
2017年9月1日(金)〜9月30日(土)11時〜19時
休み
月・火曜日(9月18日は祝日のため開廊、19日・20日が休廊)
会場
クラークギャラリー+SHIFT
(札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM 2階)
会場の場所をGoogleマップで開く
© RIBBONESIA
© RIBBONESIA
スポンサーリンク