知の饗宴『勉強の哲学』千葉雅也 ×『触れることのモダニティ』高村峰生

イベントは終了しています

2017年09月27日(水)

梅田 蔦屋書店、人文書待望のイベントです。

「勉強とは、これまでの自分を失って、変身することである。
だが人はおそらく、変身を恐れるから勉強を恐れている。」

今話題の書である『勉強の哲学 来たるべきバカのために』(文藝春秋)、
主著『動きすぎてはいけない』の文庫化を記念し、思想界をリードする気鋭の哲学者千葉雅也さんが、幅広い分野で批評活動を行う英文学者の高村峰生さんと対談トークイベントを行います。

今回は鮮烈なデビュー作の主著『動きすぎてはいけない』から、『勉強の哲学』がうまれるまでを、同時代を併走する高村峰生さんがうかがいます。

日程
2017年9月27日(水)19時30分~21時30分(開場19時)
出演
千葉雅也
高村峰生
(敬称略)
料金
1,500円
定員
90名
主催
梅田 蔦屋書店
共催
文藝春秋/以文社/河出書房新社
会場
梅田 蔦屋書店 4thラウンジ(大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F)
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク