新型コロナウイルス感染拡大にともない、掲載時からイベント内容が変更となっている場合がございます。

練馬区独立70周年記念展 没後20年 麻田浩展 — 静謐なる楽園の廃墟 —

2017年09月28日(木)〜2017年11月19日(日)

麻田浩(1931~97)は、日本画家、麻田辨自を父に、同じく日本画家、鷹司(1928~87、2000年に当館で回顧展を開催)を兄に持つ、美術家の一家に生まれました。同志社大学経済学部に入学するものの、画家への道は捨てきれず、新制作協会に出品、在学中に初入選を果たします。

初期にはアンフォルメルに傾倒しましたが、1963年、初めてのヨーロッパ旅行にて古典絵画を再確認したことで、徐々に変化が表れます。1971年、39歳のとき再度渡欧。パリを拠点に、より幻想的な風景画を生み出し、新制作展や安井賞展などに出品し続けました。また、ヨーロッパ滞在期には版画制作にも力を入れ、カンヌ国際版画ビエンナーレではグランプリを獲得。フランス・ドイツ・ベルギーなどでも個展を開催しています。

1982年、50歳で帰国。京都に戻り、京都市立芸術大学西洋画科の教授を務めながら、水滴や羽根などの自然物を配した「原風景」とともに、「原都市」と名づけられた美しき廃墟空間を描き続けました。1995年には京都市文化功労者となり、同年に第13回宮本三郎記念賞を受賞するなど活躍を続けていましたが、1997年、65歳で自ら命を絶つこととなります。

本年は麻田が没して20年という記念の年にあたります。初期から晩年まで、約140点の油彩画、版画等を通し、麻田の画業を振り返る展覧会です。

日程
2017年9月28日(木)~11月19日(日)10時~18時(入館は17時30分まで)
休み
月曜日
ただし、10月9日(月・祝)は開館、翌10日(火)は休館。
料金
一般800円、高校、大学生および65~74歳600円、中学生以下および75歳以上無料
主催
練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)、日本経済新聞社
会場
練馬区立美術館
(東京都練馬区貫井1-36-16)
  • 西武池袋線「中村橋」駅下車 徒歩3分
会場の場所をGoogleマップで開く
麻田浩《蕩児の帰宅(トリプティックのための)》1988年 油彩・キャンバス 個人蔵
スポンサーリンク