南方熊楠生誕150周年記念企画展 南方熊楠─100年早かった智の人─

イベントは終了しています

2017年12月19日(火)〜2018年03月04日(日)

南方熊楠は、森羅万象を探求した「研究者」とされてきましたが、近年の研究では、むしろ広く資料を収集し、蓄積して提供しようとした「情報提供者」として評価されるようになってきました。本展覧会では、熊楠の活動のキーアイテムである日記・書簡・抜書(さまざまな文献からの筆写ノート)・菌類図譜を展示。“熊楠の頭の中をのぞく旅”に誘います。

日程
2017年12月19日(火)~2018年3月4日(日)9時~17時
金曜日、土曜日は午後8時まで
入館は各閉館時刻の30分前まで
休み
毎週月曜日、12月28日(木)~1月1日(月)、1月9日(火)
ただし、1月8日(月)、2月12日(月)は開館
料金
常設展示入館料のみでご覧いただけます。
一般・大学生:620円、高校生以下および65歳以上:無料
主催
国立科学博物館、田辺市、南方熊楠翁生誕150周年記念事業実行委員会
後援
和歌山県、朝日新聞社
特別協力
南方熊楠顕彰会、公益財団法人南方熊楠記念館、京都工芸繊維大学
会場
国立科学博物館(東京・上野公園)日本館1階 企画展示室
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク