住まいの環境デザイン・アワード 2018受賞作品展

このイベントは終了しています

2018年02月15日(木)〜2018年03月02日(金)

東京ガス主催の「住まいの環境デザイン・アワード」は、“人と環境と住空間の真の融合”をテーマに、良質なデザインの住宅事例を幅広く募集するコンペティションです。

今回は全国から189点の応募があり、2017年10月の一次審査、12月の二次審査を経て、受賞者が決定しました。本展では、17点の受賞作品を写真や図面で紹介します。暮らし・環境・デザインが調和した住宅は現代生活の様々な背景を写し出すだけでなく、これからの時代に求められる住まい像を考察するきっかけを提示してくれるでしょう。

日程
2018年2月15日(木)~3月2日(金)10時30分~19時
休み
水曜日(祝日を除く)
出展
・グランプリ
『庭のあるシェアハウス』
諸江一紀建築設計事務所/諸江一紀+鈴木崇真建築設計事務所/鈴木崇真

・優秀賞
『都市の中の住宅』
伊庭野大輔+藤井亮介+沼野井諭
『佐世保のリノベーション』
Office for Environment Architecture/吉永規夫+吉永京子+加納賢太
『桃山ハウス』
中川エリカ建築設計事務所/中川エリカ
『しそう杉の家-兵庫県播磨地域における里山の循環型住居システム』
山弘/三渡眞介+中村将之+築山大祐+福本遼

・入賞
『船町の家』
 Mimasis Design/鈴木義之
『矢吹町中町第二災害公営住宅』
岩堀未来建築設計事務所/岩堀未来+長尾亜子建築設計事務所/長尾亜子
『ステップテラスの家 La Casa della Terrazza Scalinata』
丸子淳+根本理/mcja

[暮らしデザイン部門]
・モダンリビング賞
『3 Gardens House』マニエラ建築設計事務所/大江一夫+大江泰輔
・住まいの設計賞
『工場に家』裕建築計画/浅井裕雄+吉田澄代
・LiVES賞
『中道のある家』ニコ設計室/西久保毅人

[ビルダー・工務店部門]
・優秀家づくり賞
『風と緑のまち 白岡』中央住宅 戸建分譲設計本部/野村壮一郎+酒井かおり
『犬とかけまわる里山の家』シーエッチ建築工房/浪江朋弘
・東京ガス賞
『サクラシティ高尾』 大和ハウス工業/石 隆幸+瀬口 和彦+渡辺大吾、長谷工コーポレーション、日本設計
『共働き世帯のための子育て支援住宅』三栄建築設計/山田麻子+加藤正義
・大阪ガス賞
『満願の里山住宅』工藤住環境設計室/工藤晃久
『私市の家』 Horibe Associates/堀部直子+堀部圭一
(敬称略)

料金
無料
主催
東京ガス株式会社
協力
リビングデザインセンターOZONE
会場
リビングデザインセンターOZONE(6F パークサイドスクエア)
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク