後藤連平 × 連勇太朗 × 川辺直哉「これからの建築設計事務所に必要なメディアスキルとは?」
『建築家のためのウェブ発信講義』(学芸出版)刊行記念

このイベントは終了しています

2018年05月13日(日)

建築家にとってウェブ空間とは、ゼロから仕事をつくるためのビジネスの場であり、思考をブラッシュアップするための言論の場です。ウェブによって建築家と社会のコミュニケーション方法、社会における建築家像もますます多様化する時代、これからの建築設計事務所にはどんなメディアスキルが必要となるのでしょうか。

本イベントでは、書籍『建築家のためのウェブ発信講義』を刊行された後藤連平さんが、建築メディア「アーキテクチャーフォト」の10年におよぶ運営を通じて捉えた“ウェブと建築家の関係”や、その考え方・方法論を紹介します。

そして今回は、書籍中で個性的なウェブ発信例として紹介される9名の建築家の中から、訪問者を楽しませるオリジナルなサイト開発を実践する川辺直哉さん、アイデアを拡散し事業を具現化するプラットフォームづくりを手掛ける連勇太朗さんをお招きし、トライ&エラーも含めたよりリアルなウェブ発信談義、実践的な情報発信のスキル、ウェブによって拡張する建築家の職能などについて、ざっくばらんにお話いただきたいと思います。ふるってご参加ください。

日程
2018年5月13日(日)18時30分〜20時(開場18時)
出演
後藤連平
連勇太朗
川辺直哉
(敬称略)
料金
1,350円
定員
110名
会場
青山ブックセンター本店
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア B2F)
  • 表参道駅B2出口 徒歩7分
  • 渋谷駅 (東口/宮益坂側) 徒歩13分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク