基調講演 西村幸夫 第20回「まちの活性化・都市デザイン競技」松戸市長特別賞表彰式・記念シンポジウム 都市デザインから考える松戸駅周辺の将来像

イベントは終了しています

2018年07月21日(土)

「まちの活性化・都市デザイン競技」は、「まちづくり月間全国的行事実行委員会」及び「(公財)都市づくりデザインパブリックセンター」が主催(国土交通省後援)する事業であり、平成29年度(第20回)は、「松戸駅周辺地区」がデザイン競技の対象地区として実施され、全国から37作品の応募がありました。

松戸市の玄関口である松戸駅周辺の都市機能の更新に合わせ、松戸の顔となる相模台(新拠点ゾーン)から江戸川までの道路(シンボル軸)における、新たな街の魅力を引き出す都市デザインやアイデアの応募があり、このたび、国土交通大臣賞や松戸市長特別賞などが選定されました。

今回は、松戸市長特別賞の表彰式にあわせ、各賞の受賞者をお招きし、市民の皆様とまちづくりを考えるシンポジウムを開催します。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日程
2018年7月21日(土)14時30分〜17時(14時受付)
出演
・松戸市長特別賞表彰式

・基調講演
「都市デザインから考える松戸駅周辺の将来像 デザイン競技応募者たちから見た都市デザインのアプローチ」
西村幸夫(神戸芸術工科大学教授・「まちの活性化・都市デザイン競技」審査委員会委員長)

・パネルディスカッション
コーディネーター 西村幸夫

パネリスト
国土交通大臣賞
株式会社久米設計(岩倉・石田)

まちづくり月間全国的行事実行委員会会長賞
大成建設株式会社(石田・後藤)

公益財団法人 都市づくりパブリックデザインセンター理事長賞
社会環境設計室(金城)

松戸市長特別賞
東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻(新妻・中戸)

松戸市長
本郷谷 健次

(敬称略)

料金
無料
定員
250名(事前申し込み制)
主催
松戸市
後援
公益財団法人都市づくりパブリックデザインセンター
会場
松戸市民劇場 ホール
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク