塚本由晴 アアルトのふるまい学 「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」展覧会オープニング記念講演会

イベントは終了しています

2018年09月16日(日)

2018年は、フィンランドの建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)の生誕120周年に当たります。

ドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムとフィンランドのアルヴァ・アアルト・ミュージアムが企画した国際巡回展が、2018年9月15日より神奈川県立近代美術館で開催され、建築模型、オリジナル・ドローイング、家具、ガラス製品、写真など、300点以上の作品が展示されることになりました。

日本において不動の人気を誇るアルヴァ・アアルト。
彼の建築の多くは、温もりのある木やレンガなど素材の特長をそのまま活かし、周囲の自然環境との調和を図っています。

展覧会のオープニングを記念し、建築家・塚本由晴氏(アトリエ・ワン)による講演会を開催する運びとなりました。

塚本氏よりアアルトから学ぶこと、その魅力について、お話しします。

日程
2018年9月16日(日)14時30分~16時30分
出演
塚本由晴(建築家/東京工業大学大学院教授)
ファシリテーター:
和田菜穂子(建築史家/AALTO120代表)
(敬称略)
料金
一般 3,000円、学生 2,000円
定員
200名(事前申し込み制)
主催
AALTO120
リビングデザインセンターOZONE
会場
パークタワーホール
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー3階
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク