MASK「Open Storage 2018 ー思考する収蔵庫ー」

このイベントは終了しています

2018年10月06日(土)〜2018年11月11日(日)

約1,000m2の元鋼材加工工場・倉庫を活用した「MASK ( MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA)」で保管する大型現代アート作品の一般公開「Open Storage 2018 ―思考する収蔵庫―」を、10月6日(土)~8日(月・祝)、11月11日(日)に実施いたします。

本年はMASK開館5周年を記念し、一般公開に加え、元倉庫や元校舎などが現代アートへ転用されることによって生じる地域内外への影響や、社会的意義を検証するシンポジウムを開催いたします。

「見せる収蔵庫」としてスタートし、滞在制作や稽古も可能な「創造する収蔵庫」へと機能を拡張してきたMASKは、「思考する収蔵庫」へ―民間主導でダイナミックなアート活動を展開している施設の代表者が一堂に会し、活動の意義と可能性について共に考える貴重な機会、是非ご参加ください。

一般公開展

日程
2018年10月6日(土)~8日(月・祝)、11月11日(日)
10月8日はシンポジウム開催の為、鑑賞エリアが一部制限されます。
会場
MASK [MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA] (大阪市住之江区北加賀屋5-4-48)
料金
無料
出展作家
宇治野宗輝、久保田弘成、金氏徹平、名和晃平、やなぎみわ、ヤノベケンジ
(敬称略)

MASK5周年記念シンポジウム「現代アートの大規模実験場―その意義と可能性(仮)」

日程
2018年10月8日(月・祝)14時~17時30分
会場
MASK [MEGA ART STORAGE KITAKAGAYA](大阪市住之江区北加賀屋5-4-48)
出演
第一部 基調講演
登壇者:南條史生(森美術館館長)

第二部 パネルディスカッション
登壇者:
・ART FACTORY 城南島(東京都) 株式会社東横イン元麻布ギャラリー専務:内田智士
・アートベース百島(尾道市) 代表:柳幸典
・寺田倉庫(東京都) 執行役員:是川泰之
・BankART1929(横浜市) 代表:池田修
・MASK(大阪市) おおさか創造千島財団理事長:芝川能一

モデレーター:木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部 准教授/MASKキュレーター)
(敬称略)

料金
無料(事前申し込み制)
申し込みページ
http://www.chishimatochi.info/found/mask/event/571/

主催
一般財団法人おおさか創造千島財団
企画協力・キュレーター
木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部 准教授)
助成
大阪市、芸術文化振興基金
対話型作品鑑賞プログラム監修
京都造形芸術大学 アートプロデュース学科
アート・コミュニケーション研究センター
広報協力
京都造形芸術大学ULTRA FACTORY
一般社団法人MIWA YANAGI OFFICE
SANDWICH、YAMAMOTO GENDAI 他
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク