飯石 藍 × 加藤優一 × 柴田大輔「公共R不動産のプロジェクトスタディ ~公民連携のしくみとデザイン~」

このイベントは終了しています

2018年08月20日(月)

今、日本各地で公共空間の活用が加速しています。その背景には規制緩和が進み、使い方の可能性が広がり、行政と民間の連携も進化していることがあります。

公共R不動産行政が所有する、使われていない公共空間とそれを使いたい市民や企業をマッチングするェブサイトとして3年前に設立されました

最新の著書“公共R不動産のプロジェクトスタディ~公民連携のしくみとデザイン~”では、公共R不動産がリサーチした国内外先進的な事例から公共空間を街に開きながら公民連携をシンプルに使いこなすノとアイデアを紹介しています。日本でも公共空間がどうやったらもっと面白くなるのか?どんな壁を乗り越えたら、公共空間は開いていくのか?著書の解説を元に、みなさんと一緒にこれからの公共空間のあり方を考えます。

日本はこの先どうなっていくのか?
5年後、10年後の「暮らし方」・「働き方」・「場所の在り方」を考えなければいけない時期がきているのかもしれません。
これからの日本の「場」を考えるヒントが見つかる会に是非、お越しください!!

日程
2018年8月20日(月)19時30分〜22時(19時15分開場)
出演
飯石 藍(公共R不動産/株式会社nest/リージョンワークス合同会社)
加藤優一(Open A/公共R不動産/一般社団法人 最上のくらし舎代表理事)
モデレーター 柴田大輔(YADOKARIコミュニティビルダー/はじまり商店街)
(敬称略)
料金
①2,500円(ワンドリンク付き)
②4,500円(ワンドリンク付き+書籍付き)
定員
40名
主催
Tinys Yokohama Hinodecho
会場
Tinys Yokohama Hinodecho
神奈川県横浜市中区日ノ出町2-166先(日ノ出スタジオ横)
京急線「日ノ出町」徒歩3分、京浜東北線「桜木町」徒歩12分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク