山名善之・高階秀爾・高階絵理加 
シンポジウム「建築家・坂倉準三 パリ ‐ 東京:パリ万国博日本館の建築精神」

このイベントは終了しています

2018年09月25日(火)

「建築家・坂倉準三 パリ‐東京:生き続ける建築」(2018年9月6日~30日 会場:アンスティチュ・フランセ東京)の開催にあたり、坂倉準三、特に彼の代表作である1937年のパリ万国博日本館についてのシンポジウムを行います。

坂倉準三の作品、坂倉の師であったル・コルビュジエの作品や近代建築史の専門家らが、坂倉作品の特徴や真髄をとらえるべく、様々なテーマについて議論します。このシンポジウムではとりわけ、1937年の日本館と展示物、ル・コルビュジエが構想し、坂倉準三がパリと神奈川県立近代美術館 鎌倉の設計で発展させた「無限成長美術館」というコンセプトを話題として扱います。

日程
2018年9月25日(火)15時~18時
出演
山名善之(建築家)
高階秀爾(美術史家)
高階絵理加(美術史家)
(敬称略)
料金
無料
定員
100名(事前申し込み制)
主催
在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ東京
「J. SAKAKURA ARCHITECTE PARIS ‒ TOKIO」実行委員会
協賛
株式会社坂倉建築研究所
前田建設工業株式会社
後援
国立西洋美術館
日本イコモス国内委員会
DOCOMOMO JAPAN
会場
アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク