布施英利 × 港千尋「洞窟壁画 ヒトはなぜ絵を描くのか?」
『洞窟壁画を旅して ヒトの絵画の四万年』(論創社)刊行記念

イベントは終了しています

2018年11月07日(水)

美術解剖学の第一人者、美術批評家として活躍し、多くの著作がある布施英利さんは、以前から、ラスコーなどの洞窟壁画に強い関心を持っていました。それは、「人はなぜ絵を描くのか?」の根源だからです。また壁画の中には古代に描かれたとは思えない精緻で美しいものが数多くあり、日本でも近年、奈良などの古墳の壁画が注目を集めてきました。

昨年夏、布施さんは、欧州の洞窟壁画群を訪ねる旅に出ました。そして美術を学ぶ息子を伴い、その対話や感想をツィッター上で公開しました。本書は、この旅行記と、訪れた日本の壁画なども含めた、これに関する思索が交互に章として登場するという特別な手法をとり、さらにツィッターの投稿もカラー写真とともに掲載しました。

これによって読者は布施さんの旅を追体験しつつ、数多くの洞窟壁画に触れて、現物を見に行きたいと思ったり、また、絵画とは何かを感じ、考えたりするかもしれません。ブックデザインは気鋭のデザイナー、イラストレータの益子悠紀さんで、絵を見る子どもの脳の部分がのぞけるようになっています。

今回は、『洞窟へ――心とイメージのアルケオロジー』(せりか書房)という著作もある写真家、著述家、多摩美術大学教授の港千尋さんに、布施英利さんとの対談をお願いしました。港さんは写真家としての活動とともに多くの批評、著作を発表し、文明論的視点から、現代に切り込む活動をされています。さらに、国際的な美術展でコミッショナーや芸術監督としても活躍されています。

今回、お二人にはこの「洞窟壁画」を通して、絵画、美術、そしてヒトはなぜ絵を描くのか?という問題に切り込んで、絵画の本質について語っていただきたいと思います。

日程
2018年11月7日(水)19時~20時30分(開場18時30分)
出演
布施英利
港千尋
(敬称略)
料金
1,350円
定員
50名
会場
青山ブックセンター本店
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロア B2F)
  • 表参道駅B2出口 徒歩7分
  • 渋谷駅 (東口/宮益坂側) 徒歩13分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク