RCRアーキテクツ展 夢のジオグラフィー

イベントは終了しています

2019年01月24日(木)〜2019年03月24日(日)

TOTOギャラリー・間では、スペイン・カタルーニャ地方のオロットを拠点に、歴史や文化、自然に寄りそった活動を続けるRCRアーキテクツの展覧会「RCRアーキテクツ展 夢のジオグラフィー」を開催いたします。

ラファエル・アランダ、カルマ・ピジェム、ラモン・ヴィラルタによって1988年に設立されたRCRアーキテクツ(以下、RCR)は、常に3人で対話を重ね、カタルーニャの土地に根差しながら詩情豊かな建築を生み出してきました。こうした彼らの活動が評価され、2017年にはプリツカー建築賞初の3人による同時受賞という快挙を成し遂げました。

本展ではRCRのこれまでの歩みに加え、「夢」をテーマに彼ら自身がカタルーニャ地方ガロッチャで進めている「ラ・ヴィラ」プロジェクトを紹介します。RCRは、広大な敷地に研究施設や工房、宿泊施設、パビリオンなどを配した「ラ・ヴィラ」において、人びとが集い、ともに学び、自然を空間として体感してもらうことで、知覚することそのものを学ぶ研究の場を実現しようとしています。
そのなかのひとつである「紙のパビリオン」は、RCRが長年にわたり影響を受けてきた日本文化との架け橋となるプロジェクトで、奈良県吉野町の人びとと協力し、吉野の木材を用いながら、RCR独自の世界観を表現しています。

「紙のパビリオン」の構造体の一部分や、吉野をめぐる旅を追ったドキュメンタリー映像、RCRの手によるドローイングなど多彩な展示を通じ、RCRアーキテクツが長い時間をかけて実現しようとしている「夢のジオグラフィー」の一端をぜひ体感してください。

日時
2019年1月24日(木)~3月24日(日)11時~18時
休み
月曜・祝日
料金
無料
RCRアーキテクツ講演会「夢のジオグラフィー」
日時
2019年1月24日(木)18時30分〜20時30分予定(17時30分開場)
会場
イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1飯野ビルディング4F)
料金
無料
定員
500名(事前申し込み制・抽選)
主催
TOTO ギャラリー・間
企画
TOTOギャラリー・間運営委員会
特別顧問=安藤忠雄、委員=妹島和世/千葉 学/塚本由晴/エルウィン・ビライ
協力
鈴木久雄、坂本知子、フィリッペ・ヌネス・ファウスティーノ、ジュリア・デ・バィエ、吉田周一郎、ラ・ヴァイ・デ・ビアニャの皆様、奈良県吉野郡吉野町の皆様・川上村の皆様、吉野製材工業協同組合、桝谷建築、株式会社鯰組
特別後援
スペイン大使館
後援
一般社団法人 東京建築士会
一般社団法人 東京都建築士事務所協会
公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部
一般社団法人 日本建築学会関東支部
会場
TOTO ギャラリー・間
(東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3階)
・東京メトロ千代田線 乃木坂駅 3番出口 徒歩 約1分
・都営大江戸線 六本木駅 8番出口 徒歩 約6分
・東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a番出口 徒歩 約7分
・東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営地下鉄大江戸線 青山一丁目駅 4番出口 徒歩 約7分
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク