田嶋リサ × 都築響一「〈日常〉に新たな光をあててみた! なぜ人は、植物を鉢に植え、身近に置き育てるのだろうか?」『鉢植えと人間』(法政大学出版局)刊行記念

このイベントは終了しています

2019年02月02日(土)

なぜ人は、植物を鉢に植え、身近に置き、育てるのでしょうか?
田嶋リサさんの新刊『鉢植えと人間』(法政大学出版局)はこのシンプルな問いに対する答えを探すため、田嶋さんが、2012年よりプロジェクトを開始し、人文科学の視座から考察した5年間の結果報告です。

B&Bではそんな本書の刊行を記念したイベントを開催します!

ゲストには都築響一さんをお呼びしました。誰もが何気なく見ている、知っているモノに、新たな光をあてさせたら右に出る者はいない都築さん。今回、本書のカバー写真も都築さんによる撮り下ろしとなっております。

「鉢植え」をひとつの例に、頭の中の疑問や違和感を言語化することや、表現するにはどうすればよのか、日常に「新たな光をあてる」ことの難しさ、面白さ、そして極意をお話いただきます。

日程
2019年2月2日(土)19時~21時(18時30分開場)
出演
田嶋リサ
都築響一
(敬称略)
料金
前売 1,500円 + ワンドリンクオーダー
当日店頭 2,000 + ワンドリンクオーダー
会場
本屋B&B
(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F )
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク