藤森照信・藤岡洋保・陣内秀信・大江新 
シンポジウム 「大江宏と55・58年館」

このイベントは終了しています

2019年02月24日(日)

建築家大江宏がたどった1950年代から80年代までの設計活動の中で、55・58年館は重要な出発点でもありました。この建物に込められたモダニズム精神と伝統との関わり、その後の展開などをテーマとする講演と座談です。

日程
2019年2月24日(日)13時30分~16時(13時開場)
出演
藤森照信|東京大学名誉教授
藤岡洋保|東京工業大学名誉教授
陣内秀信|法政大学特任教授
大江新|法政大学名誉教授

(敬称略)

料金
無料(事前申し込み不要)
主催
法政大学
会場
法政大学市ヶ谷キャンパス 58年館 3階 833教室
キャンパスマップ:http://www.hosei.ac.jp/campus/ichigaya/index.html#toc02
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク