シンポジウム「大坂の記録、大阪の記憶 〜描かれた大坂と今、大坂という土地の記憶と今〜」

このイベントは終了しています

2019年03月31日(日)

江戸時代には既に大都市であった大阪(大坂)の街とその周辺を絵入りで描いた記録は、古くは『摂津名所図会』『和泉名所図会』(共に寛政8年/1796)、『河内名所図会』(享和元年/1801)などがあります。カラー版の記録としては、広重の浮世絵版画「浪花名所図会」(天保5年/1834)が最も早く、また上方浮世絵師国員、芳瀧、芳雪によって描かれた幕末の浮世絵シリーズ「浪花百景」に描かれたイメージは、私たちにとって馴染みの深いものです。

一方、そこで描かれた大阪の街が、時代の変化に伴って絶え間なくその姿を変えながら、今も私たちの生活の場として、あるいは生活の傍らにあることは言うまでもありません。

本シンポジウムでは大阪という街の昔と今を、「記録」と「記憶」をキーワードとしてさまざまな角度から検討していきます。

日程
2019年3月31日(日)13時30分〜16時
出演
天野景太(大阪市立大学大学院文学研究科准教授、観光学)
酒井裕一(大阪くらしの今昔館ミュージアムボランティア「町家衆」)
菅原真弓(大阪市立大学大学院文学研究科教授、日本美術史・文化資源学)
松井恵麻(大阪市立大学大学院文学研究科、地理学・文化資源学)
(敬称略)
料金
無料
定員
100名(事前申し込み制・先着順)
主催
大阪市立大学大学院文学研究科
共催
大阪市立住まい情報センター
会場
大阪市立住まい情報センター 3階ホール
大阪府大阪市北区天神橋6丁目4−20
会場の場所をGoogleマップで開く
スポンサーリンク