空き家・古民家再発見講座

このイベントは終了しています

2019年03月01日(金)

愛知県の約4割を占める森林は大きく成長し、本格的な利用期を迎えています。県内の木材の利用促進を図るためには、新築住宅建築に加えてリフォーム・リノベーションでの活用にも期待されています。

現在、全国的に空き家が多く見受けられ、その管理方法に所有者は頭を悩ませています。また、古民家でもどのように活用したら良いのか悩ましい限りです。空き家や古民家の遊休資産を活用し地域を活性化していけるよう、建築業者や工務店と製材業者も一緒に考えてほしいと思います。

今回、全国の取組みを報告するとともに、岡崎市内でチャレンジしている事例をご紹介いたします。また、全国空き家相談士協会愛知県支部が昨秋に設立されました。設立に至った経緯や相談士に求められることなど、詳しく説明できればと考え、今回の講座を企画しました。

日程
2019年3月1日(金)
現地見学 10時〜11時30分
講座 13時〜16時30分
プログラム
現地見学
テーマ:来て・見て・知って!!松應寺横丁

空き家・古民家再発見講座
(1)講演
「遊休資産を活用した地域活性化への取組み」
(株)日本政策投資銀行 地域企画部 副調査役 山野井友紀
(2)取組紹介
「空洞化の進む市街地の再生にチャレンジ」
NPO法人岡崎まち育てセンターりた 事務局長 天野裕
(3)情報提供
「空き家1,000万戸時代に備えた対策を!!」
一般社団法人全国空き家相談士協会 専務理事 名和泰典
(4)対談
「人口減少に起因する不都合な真実とは?」
天野裕、小原淳、名和泰典、山野井友紀

(敬称略)

料金
無料
定員
現地見学 40名
講座 200名(事前申し込み制・先着順)
主催
愛知県、愛知県森林協会
共催
西三河林材団体連合会
会場
現地見学 松應寺横丁(岡崎市松本町)
講座 愛知県西三河総合庁舎 10階 大会議室(岡崎市明大寺本町1-4)
スポンサーリンク